【災害に備える】自宅の井戸工事は専門業者に任せよう

工法による堀り方の違い

井戸

地層に応じた使い分け

井戸工事を行って、地下水を得られれば、安価なポンプを動かすための電気料金だけで豊富な水を長期間利用することができます。井戸工事は穴を掘って、滑車をつけるか手動ポンプをつけるようなことを考える人はいますが、現在の井戸工事は本当に浅いところにある水脈を利用する場合には、堀井戸という方式を使うこともありますが、深い水脈を使うことが多いため、ボーリングによる井戸工事を行うことが多いです。ボーリングによる井戸工事は、ボーリングマシーンを使って、地中に穴をあけながらパイプを穴の中に挿入してつなげていきます。ボーリングの仕方はロータリー工法とエアハンマー工法があり、ロータリー工法は先端についたビットと呼ばれるドリルを回転させて石を粉砕し、粉砕した石を循環しながら地面を掘り進みます。エアハンマー工法はドリルを回転させるのは同じですが、空気の圧力でハンマーを打ち出すこともするため、硬い地層があっても掘り進めることができる方法です。エアハンマー工法は硬い地層に強く、短い掘削期間が特徴ですが、ロータリー工法は100mを超えるような深い井戸にも対応でき、砂や石が多い地層に向いています。ボーリングによる井戸工事は地表の影響をほとんど受けることがないため、精度の高い井戸を作ることができます。深いところにある地下水は気温に左右されず本週当たりでは一年中15℃から16℃をキープしています。そのため、夏は冷たく、冬は暖かく感じる井戸水を利用することができます。