【災害に備える】自宅の井戸工事は専門業者に任せよう

家庭のオアシスの活用を

近年では防災対策の一環として家庭に井戸を設置してオアシスとして利用する動きが多くなっています。井戸を設置する井戸工事の流れとしては、専門業者への問い合わせから始まり、見積の徴収して専門業者と契約し、契約後は掘削機の設置、掘削、ポンプの設置、現場確認を経て井戸が完成となります。

家庭にも設置出来る井戸

井戸工事の費用は、採掘する深さによって前後します。家庭用の井戸の場合は、比較的リーズナブルな費用で工事が依頼出来ます。施工の前に神事を執り行う場合は、お供えなどの準備が必要です。予算オーバーの可能性も、考慮しておきたい所です。

災害時にも役立ちます

婦人

調査内容が大切です

災害発生時などいざというときに大切になるのが水です。最近ではコンビニエンスストアなどでもペットボトル入りの飲料水を購入することができますが、災害時には購入者が殺到するため都合よく買えるとは限りません。また断水時には飲み水以外にも生活用水など大量の水が必要となりますが、ペットボトルの水は量が限られているためとても不便です。このような災害時にとても役に立つのが井戸です。井戸が庭にあれば万が一の際でも大量の水を継続して確保できます。水質に恵まれた井戸であれば飲料水としても利用できるほか、たとえ飲料に適さない水質であったとしても生活用水としては十分に使用することが可能です。水道代も全く必要としないので日常では洗車や庭木への水やりなどフレキシブルな使い方もできるなど、コストパフォーマンスに優れている点も魅力となっています。井戸工事は専門業者に依頼すればすぐに調査を行ってくれます。この井戸工事を依頼する際は事前調査や水質チェックをしっかりと行い、そのうえで工事の可否や見積額を算定してくれる業者に依頼することが大切です。井戸工事は地下にある水脈を探し当てる工事となるので、希望どおりの結果となるかどうかはたとえ専門業者であっても断言はできません。そのため事前説明や調査を行ってくれるところに依頼することが大切なのです。井戸工事を依頼する際はまずは事前の説明をしっかりと要求し、納得のいく説明を行ってくれる専門業者に工事を依頼するようにしましょう。

工法による堀り方の違い

井戸工事を行うと豊富な地下水を安価な電気料で長期間使えますが、井戸工事はほとんどがボーリングによって掘られています。工法はロータリー工法とエアハンマー工法があり、それぞれには得意とする地層や掘削期間に違いがあります。